JPOPの最新人気曲

通り恋

通り恋
発売日:
歌手:indigo la End

作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音

「聞かれたら困る話だけど
歌に乗せたらいいよね」
2人以外にとっちゃどうでもいい
通り恋みたいな話

もう泣いてもいい
乱れてもいい
壊れてもいい
だけどあなたを愛してることだけ
歌うよ
もう僕らの中に刻み込まれた
一部とはいえ大きな愛を
閉じ込めたままじゃいられない

大体あなたのことはわかってるって言ったかもしれないけど
得意料理も知らないままだった
笑い話になるまではもう
忘れてしまいたいよ

もう泣いてもいい
乱れてもいい
壊れてもいい
だけどあなたを愛してることだけ
歌うよ
もう僕らの中に刻み込まれた
一部とはいえ大きな愛を
閉じ込めたままじゃいられない

知らない顔があったのも
消えない過去があったのも
全部拭い去る前に教えて欲しかった
砂鉄みたいに吸い寄せられたから
冷たい部分も知ってた
同じ言葉でまやかし合った
そんな結果で終わりなの?
あなたがしてた指輪のサイズを遠回しに聞いたことも
靴のサイズだけ直接聞いちゃって笑われたことも
覚えてるだけで実感がないんだよ
でもさ、やっぱり好きなんだ

何でもない
何でもないと
言い聞かしては
辿るあなたの記憶に包まれてしまうよ
そう歌う声が枯れるだけなら
一部とはいえない大きな愛を
叫び続けるよ

通り雨が降った
4月の夜
追伸「あなたが好き」

Romaji Lyrics For Non-Japanese Users

「 ki ka re tara koma ru hanasi da kedo
uta ni no se tara ii yo ne 」
2 nin igai ni toxtu tya dou demo ii
doo ri koi mitai na hanasi

mou na i te mo ii
mida re te mo ii
kowa re te mo ii
da kedo anata wo ai si teru koto dake
uta u yo
mou boku ra no naka ni kiza mi ko ma re ta
itibu tohaie oo kina ai wo
to zi ko me ta mama zya i rare nai

daitai anata no koto ha wakaxtu teru tte i xtu ta kamo sire nai kedo
tokui ryouri mo si ra nai mama daxtu ta
wara i banasi ni naru made ha mou
wasu re te simai tai yo

mou na i te mo ii
mida re te mo ii
kowa re te mo ii
da kedo anata wo ai si teru koto dake
uta u yo
mou boku ra no naka ni kiza mi ko ma re ta
itibu tohaie oo kina ai wo
to zi ko me ta mama zya i rare nai

si ra nai kao ga axtu ta no mo
ki e nai kako ga axtu ta no mo
zenbu nugu i sa ru mae ni osi e te ho sikaxtu ta
satetu mitai ni su i yo se rare ta kara
tume tai bubun mo si xtu te ta
ona zi kotoba de mayakasi a xtu ta
sonna kekka de o wari nano ?
anata ga si te ta yubiwa no saizu wo toomawa si ni ki i ta koto mo
kutu no saizu dake tyokusetu ki i tyaxtu te wara wa re ta koto mo
obo e teru dake de zikkan ga nai n da yo
demo sa 、 yappari su ki na n da

nan demonai
nan demonai to
i i ki kasi te ha
tado ru anata no kioku ni tutu ma re te simau yo
sou uta u koe ga ka reru dake nara
itibu to ha ie nai oo kina ai wo
sake bi tuzu keru yo

doo ri ame ga hu xtu ta
4 gatu no yoru
tuisin 「 anata ga su ki 」