JPOPの最新人気曲

The Story Of “J”

The Story Of “J”
発売日:
歌手:SKY-HI

作詞:SKY-HI
作曲:SKY-HI

“Let me know what was going on with you J?
Lately, One day, Long ago”
「最近?この前?大昔?
全部聞かないとわからない
昔の話覚えてない」

Story of J
引きこもりがちのJ
の想像を越えたDays
変わり者だと揶揄されて過ごした
けど暮らしには満足していたしやり過ごした
家に来るものなど数えるほど
そんなある日見知らぬ客人の足音
ズカズカと上がり込んで傍若無人
だが真っ直ぐな目をした金髪婦人
彼女はメアリー何処か憎めない
何度追い返したって諦めない
「私が広い世界に連れ出すわ」
「なんだって言うんだ帰ってくれもうたくさん」
しかし断固 引かない覚悟
ついにJが折れて交際がスタート
はじめての街、食べ物に嗜み
それがJとこの世界のストーリーの始まり

“Let me know what was going on with you J?
Lately, One day, Long ago”
「最近?この前?大昔?
全部聞かないとわからない
昔の話覚えてない」

自由なメアリーと魅力的な世界
だが付き合ったその分出費もデカイ
「私に似合う男でいてお願い」
抗う術などJは持っていない
高級なスーツ、新品の靴、ブランドのバッグを彼女に貢ぐ
普段はいい女、それはNo Doubt
しかしたまのヒステリーは大問題
今でも忘れない夏の日の喧嘩
家をめちゃくちゃにされたアレはもう勘弁だ
ゼロになったJはついに一念発起
死にものぐるいで七顛八起
周りのやつの倍苦労 気つけば大富豪
メアリーには未だ頭上がらないがしょうがないだろう?

交際は続いた長く
ある日メアリーの衝撃の告白「最近闇夜に浮かぶストーカーらしき男の威嚇」
やつの名はコディ 度々この辺りに現れちらつかす凶器

メアリーの言う事は本当だ セキュリティを強化 護身具も揃った
過剰だと言われようが俺からすれば妥当だ

ローンは嵩み家計は火の車
でも浪費の止まらないメアリーの振る舞い
そして二人が邂逅した先日
目にしたのはなんともドラマチックな現実

I don’t know What the future will be like
That ain’t no lie

2018年6月天気は晴れ
喧騒から逃れ オープンテラスのカフェ
いつになく機嫌のいいメアリー…ともう一人
隣にはJじゃなくコディ
遅れて着いたJに告げられた
「互いに誤解があったが埋められた」
驚いたし
一瞬セキュリティのローンがよぎった
まぁ仲は良いに越したことはない
何があったか口を挟む事じゃない

と、メアリーが「それじゃ行きましょう」
コディが答える「二人の事を話し合おう」

「ありがとうJ、あなたのおかげ」
「いや僕は何もしてないよ良かったね」
「私たちはもう争わない あとここのカフェの支払いあなたにお願い」
残された伝票を手に佇み
この先の未来は、暗い? 明るい?
カフェを一人出たJはどこへ行くのか
この話の続きは君が作って行くのさ

Romaji Lyrics For Non-Japanese Users

“ Let me know what was going on with you J ?
Lately , One day , Long ago ”
saikin kono zen ohmukashi
「 最近 ? この 前 ? 大昔 ?
zembu kika nai to wakara nai
全部 聞か ない と わから ない
mukashi no hanashi oboe te nai
昔 の 話 覚え て ない 」
Story of J
hiki komori gachi no
引き こもり がち の J
no souzou wo koe ta
の 想像 を 越え た Days
kawarimono da to yayu sa re te sugoshi ta
変わり者 だ と 揶揄 さ れ て 過ごし た
kedo kurashi ni ha manzoku shi te i ta shi yarisugoshi ta
けど 暮らし に は 満足 し て い た し やり過ごし た
uchi ni kuru mono nado kazoeru hodo
家 に 来る もの など 数える ほど
sonna aru hi mishiranu kyakujin no ashioto
そんな ある 日 見知らぬ 客人 の 足音
to agarikon de boujakubujin
ズカズカ と 上がり込ん で 傍若無人
daga massugu na me wo shi ta kimpatsu fujin
だが 真っ直ぐ な 目 を し た 金髪 婦人
kanojo ha meari izuko ka nikume nai
彼女 は メアリー 何処 か 憎め ない
nan do oikaeshi ta tte akirame nai
何 度 追い返し た って 諦め ない
watakushi ga hiroi sekai ni tsuredasu wa
「 私 が 広い 世界 に 連れ出す わ 」
nan datte iu n da kaetu te kure mou takusan
「 なん だって 言う ん だ 帰っ て くれ もう たくさん 」
shikashi danko hika nai kakugo
しかし 断固   引か ない 覚悟
tsuini ga ore te kousai ga sutato
ついに J が 折れ て 交際 が スタート
hajimete no machi tabemono ni tashinami
はじめて の 街 、 食べ物 に 嗜み
sore ga to kono sekai no sutori no hajimari
それ が J と この 世界 の ストーリー の 始まり
“ Let me know what was going on with you J ?
Lately , One day , Long ago ”
saikin kono zen ohmukashi
「 最近 ? この 前 ? 大昔 ?
zembu kika nai to wakara nai
全部 聞か ない と わから ない
mukashi no hanashi oboe te nai
昔 の 話 覚え て ない 」
jiyuu na meari to miryoku teki na sekai
自由 な メアリー と 魅力 的 な 世界
daga tsukiatu ta sono bun shuppi mo
だが 付き合っ た その 分 出費 も デカイ
watakushi ni niau otoko de i te onegai
「 私 に 似合う 男 で い て お願い 」
aragau jutsu nado ha motu te i nai
抗う 術 など J は 持っ て い ない
koukyuu na sutsu shimpin no kutsu burando no baggu wo kanojo ni mitsugu
高級 な スーツ 、 新品 の 靴 、 ブランド の バッグ を 彼女 に 貢ぐ
fudan ha ii jo sore ha
普段 は いい 女 、 それ は No Doubt
shikashi tama no hisuteri ha oh mondai
しかし たま の ヒステリー は 大 問題
ima demo wasure nai natsu no hi no kenka
今 でも 忘れ ない 夏 の 日 の 喧嘩
uchi wo mechakucha ni sa re ta ha mou kamben da
家 を めちゃくちゃ に さ れ た アレ は もう 勘弁 だ
zero ni natu ta ha tsuini ichinen hokki
ゼロ に なっ た J は ついに 一念 発起
shinimonogurui de shichitenhakki
死にものぐるい で 七顛八起
mawari no yatsu no bai kurou ki tsuke ba oh fugou
周り の やつ の 倍 苦労   気 つけ ば 大 富豪
meari ni ha imada tsumuri agara nai ga shouga nai daro u
メアリー に は 未だ 頭 上がら ない が しょうが ない だろ う ?
kousai ha tsuzui ta nagaku
交際 は 続い た 長く
aru hi meari no shougeki no kokuhaku saikin yamiyo ni ukabu rashiki otoko no ikaku
ある 日 メアリー の 衝撃 の 告白 「 最近 闇夜 に 浮かぶ ストーカー らしき 男 の 威嚇 」
yatsu no mei ha tabitabi kono atari ni araware chira tsukasu kyouki
やつ の 名 は コディ   度々 この 辺り に 現れ ちら つかす 凶器
meari no iu goto ha hontou da sekyuritei wo kyouka goshin gu mo sorotu ta
メアリー の 言う 事 は 本当 だ   セキュリティ を 強化   護身 具 も 揃っ た
kajou da to iwa reyo u ga ore kara sure ba datou da
過剰 だ と 言わ れよ う が 俺 から すれ ば 妥当 だ
ron ha kasami kakei ha hinokuruma
ローン は 嵩み 家計 は 火の車
demo rouhi no tomara nai meari no furumai
でも 浪費 の 止まら ない メアリー の 振る舞い
soshite ni nin ga kaikou shi ta senjitsu
そして 二 人 が 邂逅 し た 先日
me ni shi ta no ha nantomo doramachikku na genjitsu
目 に し た の は なんとも ドラマチック な 現実
I don ‘ t know What the future will be like
That ain ‘ t no lie
nen tsuki tenki ha hare
2018 年 6 月 天気 は 晴れ
kensou kara nogare opun terasu no kafue
喧騒 から 逃れ   オープン テラス の カフェ
itsu ni naku kigen no ii meari to mou ichi nin
いつ に なく 機嫌 の いい メアリー … と もう 一 人
tonari ni ha ja naku
隣 に は J じゃ なく コディ
okure te tsui ta ni tsuge rare ta
遅れ て 着い た J に 告げ られ た
tagaini gokai ga atu ta ga ume rare ta
「 互いに 誤解 が あっ た が 埋め られ た 」
odoroi ta shi
驚い た し
isshun sekyuritei no ron ga yogitu ta
一瞬 セキュリティ の ローン が よぎっ た
maa naka ha yoi ni koshi ta koto ha nai
まぁ 仲 は 良い に 越し た こと は ない
nan ga atu ta ka kuchi wo hasamu goto ja nai
何 が あっ た か 口 を 挟む 事 じゃ ない
to meari ga sore ja iki masho u
と 、 メアリー が 「 それ じゃ 行き ましょ う 」
ga kotaeru ni nin no goto wo hanashiao u
コディ が 答える 「 二 人 の 事 を 話し合お う 」
arigatou anata no okage
「 ありがとう J 、 あなた の おかげ 」
iya boku ha nan mo shi te nai yo yokatu ta ne
「 いや 僕 は 何 も し て ない よ 良かっ た ね 」
watakushi tachi ha mou arasowa nai ato koko no kafue no shiharai anata ni onegai
「 私 たち は もう 争わ ない   あと ここ の カフェ の 支払い あなた に お願い 」
nokosa re ta dempyou wo te ni tatazumi
残さ れ た 伝票 を 手 に 佇み
kono sen no mirai ha kurai akarui
この 先 の 未来 は 、 暗い ?   明るい ?
kafue wo ichi nin de ta ha doko he iku no ka
カフェ を 一 人 出 た J は どこ へ 行く の か
kono hanashi no tsuzuki ha kimi ga tsukutu te iku no sa
この 話 の 続き は 君 が 作っ て 行く の さ

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です