JPOPの最新人気曲

幸せについて

幸せについて
発売日::

作詞:大橋ちっぽけ
作曲:大橋ちっぽけ

幸せについて真面目に考えたことなんてないけど
それなのに僕は世界一不幸な気がするの

人は言う「笑えよ 辛いときこそ」って
馬鹿かよ そんな話ではない

それならばあなたの辛いこと教えてよ
したら僕も少し話すよ

時々思うんだ 全部ミスってるかもって
目を閉じれば

曖昧にした「会いたい」がずっと僕の中 駆け巡ってんだ
あぁ僕は 恥ずかしながら バイバイしたのにまだ 抱きしめてたんだ

それぞれの生活に物語があるらしいけど
みんな何も考えず生きてるように見えるよ

人は言う「休めよ 無理なんてせずに」って
馬鹿かよ そんなに甘くはない

忘れないことを正義と信じたまま
僕は晴天のない森を行く

愛を知っても もう戻らないことばかり
夜だけが更けていく

すべては愛せないから 人は選んだり捨てたりするんだ
その岐路に立つたびに僕は君を思い描いては消す を繰り返した

曖昧にした「会いたい」がずっと僕の中駆け巡ってんだ
あぁ僕は 恥ずかしながら バイバイしたのにまだ

曖昧にした「会いたい」がずっと僕の中 駆け巡ってんだ
あぁ僕は 恥ずかしながら バイバイしたのにまだ 抱きしめてたんだ

相対した気持ちが痛いな 新しい春がまた過ぎ去った頃に
甲斐性なく今回もほら バイバイした幸せ 歌にしてるんだ

Romaji Lyrics For Non-Japanese Users

siawa se ni tui te mazime ni kanga e ta koto nante nai kedo
sorenanoni boku ha sekaiiti hukou na ki ga suru no

zin ha i u 「 wara eyo   kara i toki koso 」 tte
baka ka yo   sonna hanasi de ha nai

sore nara ba anata no kara i koto osi e teyo
si tara boku mo suko si hana su yo

tokidoki omo u n da   zenbu misu tte ru ka moxtu te
me wo to zire ba

aimai ni si ta 「 a i tai 」 ga zutto boku no naka   ka ke megu xtu ten da
axa boku ha   ha zukasinagara   baibai si ta noni mada   ida kisime te ta n da

sorezore no seikatu ni monogatari ga aru rasii kedo
minna nani mo kanga e zu i ki teru you ni mi eru yo

zin ha i u 「 yasu meyo   muri nante se zu ni 」 tte
baka ka yo   sonnani ama ku ha nai

wasu re nai koto wo seigi to sin zi ta mama
boku ha seiten no nai mori wo i ku

ai wo si xtu te mo   mou modo ra nai koto bakari
yoru dake ga hu ke te iku

subete ha ai se nai kara   hito ha era n dari su te tari suru n da
sono kiro ni ta tu tabi ni boku ha kimi wo omo i ega i te ha ke su   wo ku ri kae si ta

aimai ni si ta 「 a i tai 」 ga zutto boku no naka ka ke megu xtu ten da
axa boku ha   ha zukasinagara   baibai si ta noni mada

aimai ni si ta 「 a i tai 」 ga zutto boku no naka   ka ke megu xtu ten da
axa boku ha   ha zukasinagara   baibai si ta noni mada   ida kisime te ta n da

soutai si ta kimo ti ga ita i na   atara sii haru ga mata su gi sa xtu ta koro ni
kaisyou naku konkai mo hora   baibai si ta siawa se   uta ni si teru n da