--

残響

残響

発売日:
歌手:Angelo

作詞:キリト
作曲:キリト

慟哭が未だ離れないまま手を引く先へと
瞳に映る景色と面影は流れて過ぎ去る

叫びは霧が遮って

押し寄せる 怖れ隠して 限りなく白いだけの
無に刻んでいく 残響だけを頼りに

砕け散る感情の破片をそのままに置き去って
手にしては 手放して行き着く 見知らぬ果てまで

疼く胸抑えながら 決められた方向へ

付き纏う 怖れを連れて どこまでも白いだけの
無に描いていく 残響に導かれて

交差する諦めと希望 揺れながら明日を選ぶ
疲れ果て膝をつくたびに 耳元でまた囁きだす声

巧妙に噛み合って廻る歯車 止まること許さず
思惑の外へ 想定の裏側へ 踏み出した

静寂に独り立ち尽くしている どこへ歩いていくかも見えず
闇雲に手を伸ばす君に

裂けていく 迷いを抜けて 朧げに見えるだけの
欠片を拾う 残響を振り払って

Romaji Lyrics

doukoku ga imada hanare nai mama te wo hiku sen he to
慟哭 が 未だ 離れ ない まま 手 を 引く 先 へ と
hitomi ni utsuru keshiki to omokage ha nagare te sugisaru
瞳 に 映る 景色 と 面影 は 流れ て 過ぎ去る
sakebi ha kiri ga saegitu te
叫び は 霧 が 遮っ て
oshiyoseru kowa re kakushi te kagiri naku shiroi dake no
押し寄せる   怖 れ 隠し て   限り なく 白い だけ の
mu ni kizan de iku zankyou dake wo tayori ni
無 に 刻ん で いく   残響 だけ を 頼り に
kudake chiru kanjou no hahen wo sonomama ni oki satu te
砕け 散る 感情 の 破片 を そのまま に 置き 去っ て
te ni shi te ha tebanashi te ikitsuku mishiranu hate made
手 に し て は   手放し て 行き着く   見知らぬ 果て まで
uzuku mune osae nagara kime rare ta houkou he
疼く 胸 抑え ながら   決め られ た 方向 へ
tsukimatou kowa re wo tsure te doko made mo shiroi dake no
付き纏う   怖 れ を 連れ て   どこ まで も 白い だけ の
mu ni kai te iku zankyou ni michibika re te
無 に 描い て いく   残響 に 導か れ て
kousa suru akirame to kibou yure nagara asu wo erabu
交差 する 諦め と 希望   揺れ ながら 明日 を 選ぶ
tsukare hate hiza wo tsuku tabi ni mimimoto de mata sasayaki dasu koe
疲れ 果て 膝 を つく たび に   耳元 で また 囁き だす 声
koumyou ni kamiatu te meguru haguruma tomaru koto yurusa zu
巧妙 に 噛み合っ て 廻る 歯車   止まる こと 許さ ず
omowaku no soto he soutei no uragawa he fumidashi ta
思惑 の 外 へ   想定 の 裏側 へ   踏み出し た
seijaku ni hitoridachi tsukushi te iru doko he arui te iku kamo mamie zu
静寂 に 独り立ち 尽くし て いる   どこ へ 歩い て いく かも 見え ず
yamikumo ni te wo nobasu kimi ni
闇雲 に 手 を 伸ばす 君 に
sake te iku mayoi wo nuke te oboro ge ni mamieru dake no
裂け て いく   迷い を 抜け て   朧 げ に 見える だけ の
kakera wo hirou zankyou wo furiharatu te
欠片 を 拾う   残響 を 振り払っ て

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です