JPOPの最新人気曲

Orange

Orange
発売日:
歌手:PAELLAS

作詞:MATTON
作曲:MATTON・bisshi

にわか雨が
投げやりな夏の午後の憂鬱を濡らした
はじめからないのに
行き先をなくしたふりして

それはそうと
振り出しにも戻せない
ならばせめてどうか 振り返る季節も許して

街路樹が光る雨上がり
ほどいた髪が揺れる
今なら どこへでも行けそうなくらい

鮮やかな夕陽が今日も
水平線へと急いで
大丈夫ここからまた深く長い夜を抱き合える
君の指に宿る無垢が
貝殻を集める仕草
いくつかの愛しさは時を越え残ると信じれる
まだ

君もいつか
まばゆさが影をまとうと気付いても
絡み取られないように
僕が先に罠を仕掛ける

それはそうと
振り出しには もう戻れない
だけどだからこそ こたえあわせは急がないで

街路樹が光る雨上がり
ほどいた髪が揺れる
今なら どこへでも行けそうなくらい

いつか掠れていく声も
洗い流されてく傷も
誰もがいつでも隠したくなる想いを抱えてく
それらしくふるまう日々に
忘れないでほしい そっと
僕らはいつになっても変わらない想いを信じてる

君の指に宿る無垢が
貝殻を集める仕草
いくつかの愛しさは時を越え残ると信じてる
まだ

Romaji Lyrics For Non-Japanese Users

ama
ame
same
u ga
に わ か 雨 が
nageyari na ge
ka
natsu no gogo no yuuutsu wo nu ra shi ta
投げやり な 夏 の 午後 の 憂鬱 を 濡 ら し た
ha ji me ka ra na i no ni
は じ め か ら な い の に
ikisaki
yukisaki wo na ku shi ta fu ri shi te
行き先 を な く し た ふ り し て
so re ha so u to
そ れ は そ う と
furidashi ni mo modo se na i
振り出し に も 戻 せ な い
na ra ba se me te do u ka furikae ru kisetsu mo yuru shi te
な ら ば せ め て ど う か   振り返 る 季節 も 許 し て
gairoju ga hika ru ameagari
街路樹 が 光 る 雨上がり
ho do i ta gami
hatsu
hige
kami
kushi ga yure ru
ほ ど い た 髪 が 揺れ る
ima na ra do ko he de mo i
yu ke so u na ku ra i
今 な ら   ど こ へ で も 行 け そ う な く ら い
azayaka na yuuhi ga kyou mo
鮮やか な 夕陽 が 今日 も
suiheisen he to iso
se i de
水平線 へ と 急 い で
daijoubu ko ko ka ra ma ta buka
fu
fuka ku naga i ya
yo
yoru wo dakia e ru
大丈夫 こ こ か ら ま た 深 く 長 い 夜 を 抱き合 え る
kimi no oyobi
shi
yubi ni yado ru muku ga
君 の 指 に 宿 る 無垢 が
kaigara
kaikara wo atsu me ru shigusa
貝殻 を 集 め る 仕草
i ku tsu ka no ai
ito
kana
megu
uruwa shi sa ha doki
ji
shi
toki wo goe noko ru to shinji re ru
い く つ か の 愛 し さ は 時 を 越え 残 る と 信じ れ る
ma da
ま だ
kimi mo i tsu ka
君 も い つ か
ma ba yu sa ga ei
kage wo ma to u to kizu i te mo
ま ば ゆ さ が 影 を ま と う と 気付 い て も
karami do
to ra re na i yo u ni
絡み 取 ら れ な い よ う に
boku ga sakini min
wana wo jikake
shikake ru
僕 が 先に 罠 を 仕掛け る
so re ha so u to
そ れ は そ う と
furidashi ni ha mo u modo
moto re na i
振り出し に は   も う 戻 れ な い
da ke do da ka ra ko so ko ta e a wa se ha iso ga na i de
だ け ど だ か ら こ そ   こ た え あ わ せ は 急 が な い で
gairoju ga hika ru ameagari
街路樹 が 光 る 雨上がり
ho do i ta gami
hatsu
hige
kami
kushi ga yure ru
ほ ど い た 髪 が 揺れ る
ima na ra do ko he de mo i
yu ke so u na ku ra i
今 な ら   ど こ へ で も 行 け そ う な く ら い
i tsu ka kasure te i ku goe
koe
kowa
sei
shou mo
い つ か 掠れ て い く 声 も
arainaga sa re te ku ita mo
洗い流 さ れ て く 傷 も
dare mo ga i tsu de mo kakushi ta ku na ru omoi wo kakae te ku
誰 も が い つ で も 隠し た く な る 想い を 抱え て く
so re ra shi ku fu ru ma u hibi
hinichi
nichinichi ni
そ れ ら し く ふ る ま う 日々 に
wasure na i de ho shi i so tto
忘れ な い で ほ し い   そ っと
bokura ha i tsu ni na tte mo ga
ka wa ra na i omoi wo shinji te ru
僕ら は い つ に な って も 変 わ ら な い 想い を 信じ て る
kimi no oyobi
shi
yubi ni yado ru muku ga
君 の 指 に 宿 る 無垢 が
kaigara
kaikara wo atsu me ru shigusa
貝殻 を 集 め る 仕草
i ku tsu ka no ai
ito
kana
megu
uruwa shi sa ha doki
ji
shi
toki wo goe noko ru to shinji te ru
い く つ か の 愛 し さ は 時 を 越え 残 る と 信じ て る
ma da
ま だ

Leave a comment