--

Miren

Miren

発売日:
歌手:鬼龍院翔

作詞:鬼龍院翔
作曲:鬼龍院翔

想い出がちらついて その度落ち込むから
君と居たあの部屋は もう出たんだよ
季節が6つ変わって 特別な人が出来て
君が居た形跡は当然 隠している
衣類棚の奥の奥に ひとまとめにした持ち物を
見つかるとマズい筈なのに 何故捨てれずにいる そんな物を
情けないね  散々な別れ際を以って終わった恋なのに
絶対あるはずのない展開考えて 本当、馬鹿だね
別れ道を歩いて 振り返る回数は 君と僕ではきっと僕が多いね
特別なその子はね 君に似て可愛くて
食べ物の好みが君よりとても合ってる
毛玉の付いた部屋着など もう要らないに決まっている
頭じゃわかっているよ ただ、君を完全に消すのがこわい
情けないね  散々泣かせた君に 反省した筈なのに
結局最後傷付けた 別れってだいたいそうだけど
遠くなる君との日を 時計を暦に見立てて
数えてしまうこの癖を 未練と呼ぶんでしょうね
僕がクズなのは自分でも知ってる 別に開き直ってるんじゃない
ただ一言トドメを刺してくれりゃいいだろう
「いつまでも好きだと思うな」 と、一言
散々な別れ際を以って終わった恋なのに
絶対あるはずのない展開考えて 馬鹿だね
全然まだ好きだけど さすがにもうわかってるよ
大切なもの自分で 握って潰して泣いてんなよ
遠くなる君との日を 時計を暦に見立てて 数えては
うなだれては 君を想って 本当、馬鹿だね

(c)NACK5 MUSIC Co.,Ltd

Romaji Lyrics

omoide ga chiratsui te sono tabi ochikomu kara
想い出 が ちらつい て   その 度 落ち込む から
kimi to i ta ano heya ha mou de ta n da yo
君 と 居 た あの 部屋 は   もう 出 た ん だ よ
kisetsu ga tsu kawatu te tokubetsu na hito ga deki te
季節 が 6 つ 変わっ て   特別 な 人 が 出来 て
kimi ga i ta keiseki ha touzen kakushi te iru
君 が 居 た 形跡 は 当然   隠し て いる
irui tana no oku no oku ni hitomatome ni shi ta mochimono wo
衣類 棚 の 奥 の 奥 に   ひとまとめ に し た 持ち物 を
mitsukaru to i hazu na noni naniyue sute re zu ni iru sonna mono wo
見つかる と マズ い 筈 な のに   何故 捨て れ ず に いる   そんな 物 を
nasakenai ne sanzan na wakaregiwa wo tte owatu ta koi na noni
情けない ね     散々 な 別れ際 を 以 って 終わっ た 恋 な のに
zettai aru hazu no nai tenkai kangae te hontou baka da ne
絶対 ある はず の ない 展開 考え て   本当 、 馬鹿 だ ね
wakaremichi wo arui te furikaeru kaisuu ha kimi to boku de ha kitto boku ga ohi ne
別れ道 を 歩い て   振り返る 回数 は   君 と 僕 で は きっと 僕 が 多い ね
tokubetsu na sono shi ha ne kun ni ni te kawaiku te
特別 な その 子 は ね   君 に 似 て 可愛く て
tabemono no konomi ga kimi yori totemo atu teru
食べ物 の 好み が 君 より とても 合っ てる
mou tamano tsui ta heya chaku nado mou ira nai ni kimatu te iru
毛 玉の 付い た 部屋 着 など   もう 要ら ない に 決まっ て いる
tsumuri ja wakatu te iru yo tada kimi wo kanzen ni kesu no ga kowai
頭 じゃ わかっ て いる よ   ただ 、 君 を 完全 に 消す の が こわい  
nasakenai ne sanzan nakase ta kimi ni hansei shi ta hazu na noni
情けない ね     散々 泣かせ た 君 に   反省 し た 筈 な のに
kekkyoku saigo kizutsuke ta wakare tte daitai sou da kedo
結局 最後 傷付け た   別れ って だいたい そう だ けど
tohku naru kimi to no hi wo tokei wo koyomi ni mitate te
遠く なる 君 と の 日 を   時計 を 暦 に 見立て て
kazoe te shimau kono kuse wo miren to yobu n desho u ne
数え て しまう この 癖 を   未練 と 呼ぶ ん でしょ う ね
boku ga kuzu na no ha jibun de mo shitu teru betsuni hirakinaotu teru n ja nai
僕 が クズ な の は 自分 で も 知っ てる   別に 開き直っ てる ん じゃ ない
tada hitokoto todome wo sashi te kurerya ii daro u
ただ 一言 トドメ を 刺し て くれりゃ いい だろ う
itsu made mo suki da to omou na to hitokoto
「 いつ まで も 好き だ と 思う な 」   と 、 一言
sanzan na wakaregiwa wo tte owatu ta koi na noni
散々 な 別れ際 を 以 って 終わっ た 恋 な のに
zettai aru hazu no nai tenkai kangae te baka da ne
絶対 ある はず の ない 展開 考え て   馬鹿 だ ね
zenzen mada suki da kedo sasuga ni mou wakatu teru yo
全然 まだ 好き だ けど   さすが に もう わかっ てる よ
taisetsu na mono jibun de nigitu te tsubushi te nai te n na yo
大切 な もの 自分 で   握っ て 潰し て 泣い て ん な よ
tohku naru kimi to no hi wo tokei wo koyomi ni mitate te kazoe te ha
遠く なる 君 と の 日 を   時計 を 暦 に 見立て て   数え て は
unadare te ha kimi wo omotu te hontou baka da ne
うなだれ て は   君 を 想っ て   本当 、 馬鹿 だ ね

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です