--

LVE

LVE

発売日:
歌手:NEWS

作詞:篠原とまと
作曲:伊藤賢・辻村有記

完璧を求める奴等に構っている暇は
一秒たりとも残っちゃいない
支え合ってここまでやってきたから
丘の上を見上げれば太陽は雲に覆われている
「二度と太陽は出てこないのではないか」と
人々は不安に思うが全くそんなことはない
 
隠れた太陽の下、風の中で呼び続ける
澱む不安な空の下で叫ぶ
 
愛がなくては生きていけない
希望がなくては前に進めない
信仰がなくては悪意に
勝つことはできない
 
先を目指せ、前を向け、
全ての欲望を裏切っていけ
 
答えのない焦りばかりが膨らんで
暗い闇の中で一人苦しみと向き合う
足掻く、惨めな自分
未来を諦めきれない己を
ただ奮い立たせる
強烈な想いは途切れない鎖
「強く結びついた絆」だ
 
絶え間ない攻撃に怯むな
手の中の鎖を握りしめろ
直面する現実から逃げるな
その汚れた足で踏みとどまれ
 
傷つく事を知らない
かつての自分達
一緒に乗り越えていくんだ
茨を取り去り、今を生きる
 
頷いてばっかじゃ
退屈過ぎて死んじまうぜ
痛いぐらいに尖らせて
勝負に出ようじゃないか
歴史を刻め
 
暖かい風が吹き抜けていく
誘われて
青空に一つ、見つめる太陽
道は続いていく
一人じゃないんだ
 
愛がなくては生きていけない
希望がなくては前に進めない
信仰がなくては悪意に
勝つことはできない
 
忘れるな、抗っていけ

Romaji Lyrics

kampeki wo motomeru yatsura ni kamatu te iru itoma ha
完璧 を 求める 奴等 に 構っ て いる 暇 は
ichi byou tari to mo nokotu cha i nai
一 秒 たり と も 残っ ちゃ い ない
tsukae atu te koko made yatteki ta kara
支え 合っ て ここ まで やってき た から
oka no jou wo miagere ba taiyou ha un ni ohwa re te iru
丘 の 上 を 見上げれ ば 太陽 は 雲 に 覆わ れ て いる
nidoto taiyou ha de te ko nai no de ha nai ka to
「 二度と 太陽 は 出 て こ ない の で は ない か 」 と
hitobito ha fuan ni omou ga mattaku sonna koto ha nai
人々 は 不安 に 思う が 全く そんな こと は ない
 
kakure ta taiyou no shimo kaze no juu de yobitsuzukeru
隠れ た 太陽 の 下 、 風 の 中 で 呼び続ける
yodomu fuan na sora no shimo de sakebu
澱む 不安 な 空 の 下 で 叫ぶ
 
ai ga naku te ha iki te ike nai
愛 が なく て は 生き て いけ ない
kibou ga naku te ha zen ni susume nai
希望 が なく て は 前 に 進め ない
shinkou ga naku te ha akui ni
信仰 が なく て は 悪意 に
katsu koto ha deki nai
勝つ こと は でき ない
 
sen wo mezase zen wo muke
先 を 目指せ 、 前 を 向け 、
subete no yokubou wo uragitu te ike
全て の 欲望 を 裏切っ て いけ
 
kotae no nai aseri bakari ga fukuran de
答え の ない 焦り ばかり が 膨らん で
kurai yami no juu de ichi nin kurushimi to mukiau
暗い 闇 の 中 で 一 人 苦しみ と 向き合う
agaku mijime na jibun
足掻く 、 惨め な 自分
mirai wo akirame kire nai onore wo
未来 を 諦め きれ ない 己 を
tada furuitata seru
ただ 奮い立た せる
kyouretsu na omoi ha togire nai kusari
強烈 な 想い は 途切れ ない 鎖
tsuyoku musubitsui ta hodashi da
「 強く 結びつい た 絆 」 だ
 
taema nai kougeki ni hirumu na
絶え間 ない 攻撃 に 怯む な
te no juu no kusari wo nigirishimero
手 の 中 の 鎖 を 握りしめろ
chokumen suru genjitsu kara nigeru na
直面 する 現実 から 逃げる な
sono kegare ta ashi de fumitodomare
その 汚れ た 足 で 踏みとどまれ
 
kizutsuku goto wo shira nai
傷つく 事 を 知ら ない
katsute no jibun tachi
かつて の 自分 達
issho ni norikoe te iku n da
一緒 に 乗り越え て いく ん だ
ibara wo torisari ima wo ikiru
茨 を 取り去り 、 今 を 生きる
 
unazui te bakka ja
頷い て ばっか じゃ
taikutsu sugi te shin jimau ze
退屈 過ぎ て 死ん じまう ぜ
itai gurai ni togara se te
痛い ぐらい に 尖ら せ て
kachimake ni deyo u ja nai ka
勝負 に 出よ う じゃ ない か
rekishi wo kizame
歴史 を 刻め
 
atatakai kaze ga fukinuke te iku
暖かい 風 が 吹き抜け て いく
izanawa re te
誘わ れ て
aozora ni hitotsu mitsumeru taiyou
青空 に 一つ 、 見つめる 太陽
michi ha tsuzui te iku
道 は 続い て いく
ichi nin ja nai n da
一 人 じゃ ない ん だ
 
ai ga naku te ha iki te ike nai
愛 が なく て は 生き て いけ ない
kibou ga naku te ha zen ni susume nai
希望 が なく て は 前 に 進め ない
shinkou ga naku te ha akui ni
信仰 が なく て は 悪意 に
katsu koto ha deki nai
勝つ こと は でき ない
 
wasureru na aragatu te ike
忘れる な 、 抗っ て いけ

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です