--

鼓動の理由

鼓動の理由

発売日:

作詞:秋元康
作曲:木下めろん

12月の校庭に
無口な木枯らしが吹いて
やがて 季節は
太陽をどこか連れ去った
放課後の屋上から
教科書 ビリビリ破って
風の中に一枚ずつ捨てたよ

大人が作った校則とか常識なんか
No!から始まる見えないケージの作り方
言うことだけを聞けばいいのかい?

「行くぞ~!」

僕の翼はちゃんとあるんだ
広げるだけでどこへだって飛んで行けるよ
自由は誰も奪えないだろう
生きたいように生きさせてくれよ
夢の翼は今もあるんだ
あの日見ていた未来の地図
時間(とき)が過ぎれば色褪せてく
ほとばしる情熱は今も
脈を打ってる若き鼓動

退屈な授業中は
いつも保健室に行って
嘘を並べて
目を開けてベッドに寝ていた
本当は熱もないし
頭も身体(からだ)のどこも
痛くないけど 何もしたくないだけ

やりたいこととか将来のささやかな夢は
偏差値次第だ 意味ない努力はするなって
親や教師に冷たく言われた

君の翼はちゃんとあるのか?
畳んでいても広げなきゃどこも行けないよ
いつかの空を思い出すんだ
風は今でもずっと吹いている

「まだまだ、行くぜ~!」

今 欲しいもの手を伸ばさなきゃ
絶対 掴み取れないだろう
わけわからずにジタバタして
知らぬ間に本心がわかる
空を飛べる鼓動になれ!

行けよ!(何を躊躇してるんだ?)
飛べよ!(何を怯えているんだ?)
生きろ!(命はそのためにあるんだよ)

僕の翼はちゃんとあるんだ
広げるだけでどこへだって飛んで行けるよ
自由は誰も奪えないだろう
生きたいように生きさせてくれよ

「最後に行くぜ~!」

今 欲しいもの手を伸ばさなきゃ
絶対どこも行けないんだ
わけわからずにジタバタして
知らぬ間に本心がわかる
空を飛べる鼓動になれ!

Romaji Lyrics

gatsu no koutei ni
12 月 の 校庭 に
mukuchi na kogarashi ga fui te
無口 な 木枯らし が 吹い て
yagate kisetsu ha
やがて   季節 は
taiyou wo doko ka tsuresatu ta
太陽 を どこ か 連れ去っ た
houkago no okujou kara
放課後 の 屋上 から
kyoukasho biribiri yabutu te
教科書   ビリビリ 破っ て
kaze no juu ni ichi mai zutsu sute ta yo
風 の 中 に 一 枚 ずつ 捨て た よ
taijin ga tsukutu ta kousoku toka joushiki nanka
大人 が 作っ た 校則 とか 常識 なんか
kara hajimaru mamie nai keji no tsukurikata
No ! から 始まる 見え ない ケージ の 作り方
iu koto dake wo kike ba ii no kai
言う こと だけ を 聞け ば いい の かい ?
iku zo
「 行く ぞ ~!」
boku no yoku ha chanto aru n da
僕 の 翼 は ちゃんと ある ん だ
hirogeru dake de doko he datte ton de yukeru yo
広げる だけ で どこ へ だって 飛ん で 行ける よ
jiyuu ha tare mo ubae nai daro u
自由 は 誰 も 奪え ない だろ う
iki tai you ni iki sase te kure yo
生き たい よう に 生き させ て くれ よ
yume no yoku ha ima mo aru n da
夢 の 翼 は 今 も ある ん だ
ano hi mi te i ta mirai no chizu
あの 日 見 て い た 未来 の 地図
jikan toki ga yogire ba iroase te ku
時間 ( とき ) が 過ぎれ ば 色褪せ て く
hotobashiru jounetsu ha ima mo
ほとばしる 情熱 は 今 も
myaku wo utu teru wakaki kodou
脈 を 打っ てる 若き 鼓動
taikutsu na jugyou naka ha
退屈 な 授業 中 は
itsumo hoken shitsu ni itu te
いつも 保健 室 に 行っ て
uso wo narabe te
嘘 を 並べ て
me wo hirake te beddo ni ne te i ta
目 を 開け て ベッド に 寝 て い た
hontouha netsu mo nai shi
本当は 熱 も ない し
tsumuri mo karada kara da no doko mo
頭 も 身体 ( から だ ) の どこ も
itaku nai kedo nan mo shi taku nai dake
痛く ない けど   何 も し たく ない だけ
yari tai koto toka shourai no sasayaka na yume ha
やり たい こと とか 将来 の ささやか な 夢 は
hensa ne shidai da imi nai doryoku ha suru natu te
偏差 値 次第 だ   意味 ない 努力 は する なっ て
oya ya kyoushi ni tsumetaku iwa re ta
親 や 教師 に 冷たく 言わ れ た
kimi no yoku ha chanto aru no ka
君 の 翼 は ちゃんと ある の か ?
tatan de i te mo hiroge nakya doko mo yuke nai yo
畳ん で い て も 広げ なきゃ どこ も 行け ない よ
itsuka no sora wo omoidasu n da
いつか の 空 を 思い出す ん だ
kaze ha ima demo zutto fui te iru
風 は 今 でも ずっと 吹い て いる
madamada iku ze
「 まだまだ 、 行く ぜ ~!」
ima hoshii mono te wo nobasa nakya
今   欲しい もの 手 を 伸ばさ なきゃ
zettai tsukami tore nai daro u
絶対   掴み 取れ ない だろ う
wake wakara zu ni shi te
わけ わから ず に ジタバタ し て
shira nu ma ni honshin ga wakaru
知ら ぬ 間 に 本心 が わかる
sora wo toberu kodou ni nare
空 を 飛べる 鼓動 に なれ !
ike yo nan wo chuucho shi teru n da
行け よ !( 何 を 躊躇 し てる ん だ ?)
tobeyo nan wo obie te iru n da
飛べよ ! ( 何 を 怯え て いる ん だ ?)
ikiro inochi ha sono tame ni aru n da yo
生きろ !( 命 は その ため に ある ん だ よ )
boku no yoku ha chanto aru n da
僕 の 翼 は ちゃんと ある ん だ
hirogeru dake de doko he datte ton de yukeru yo
広げる だけ で どこ へ だって 飛ん で 行ける よ
jiyuu ha tare mo ubae nai daro u
自由 は 誰 も 奪え ない だろ う
iki tai you ni iki sase te kure yo
生き たい よう に 生き させ て くれ よ
saigo ni iku ze
「 最後 に 行く ぜ ~!」
ima hoshii mono te wo nobasa nakya
今   欲しい もの 手 を 伸ばさ なきゃ
zettai doko mo yuke nai n da
絶対 どこ も 行け ない ん だ
wake wakara zu ni shi te
わけ わから ず に ジタバタ し て
shira nu ma ni honshin ga wakaru
知ら ぬ 間 に 本心 が わかる
sora wo toberu kodou ni nare
空 を 飛べる 鼓動 に なれ !

最新のシュークリームロケッツ 歌詞

TOP 5のシュークリームロケッツ 歌詞

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です