--

欲しがり

欲しがり

発売日:
歌手:STEPHENSMITH

作詞:CAKE
作曲:STEPHENSMITH

無邪気なほど甘い誘惑に捕まって
疚しい問題はいつも甲斐性と交換制

まあ、しょうがないや
とは言え優しさも擦り減らしゃ
満員電車に乗り込む気分
降りる駅は何処で消えた?

不思議なほどマニュアル通りに嵌って
おままごとよ 易い愛情と献身性

節操がないな
とは言え湧き出す愛着 これも面倒
情に委ねては良からぬ機縁
冷めた目も謂わば冗談

間違えた途端
立ち位置ばかりが気になりだす
フラットシーツの皺を
正してはまた乱してしまうように

あぁ業担い道理を焚べた成れの果て
手中に無いもんは無いなんて言えぬ欲望
欲しいから欲しい!

浮気な同調 軽々慈愛に跨って
見せかけほど喋れば主張も曖昧で

取っ替え引っ替え
芽を摘んで唾を塗って晒し合って
賞味期限は飽きが来るまで
慈悲も血も涙も無い

手に入れた途端
次の手招きに気が散りだす
欲しがりなのは君の方さいつも
目を合わすようで視野は遠い

あぁ興じたい 合理の盾も投げ捨てて
呼吸みたいに容赦無い 底知れぬ欲望
人の分まで欲しい!

あぁ業担い道理を焚べた成れの果て
手中に無いもんは無いなんて言えぬ欲望
欲しいから欲しい!

Romaji Lyrics

mujaki na hodo amai yuuwaku ni tsukamatu te
無邪気 な ほど 甘い 誘惑 に 捕まっ て
yamashii mondai ha itsumo kaishou to koukan sei
疚しい 問題 は いつも 甲斐性 と 交換 制
maa shouga nai ya
まあ 、 しょうが ない や
to ha ie yasashi sa mo kosuri herasha
と は 言え 優し さ も 擦り 減らしゃ
manin densha ni norikomu kibun
満員 電車 に 乗り込む 気分
oriru eki ha izuko de kie ta
降りる 駅 は 何処 で 消え た ?
fushigi na hodo manyuaru dohri ni hamatu te
不思議 な ほど マニュアル 通り に 嵌っ て
o mamagoto yo yasui aijou to kenshin sei
お ままごと よ   易い 愛情 と 献身 性
sessou ga nai na
節操 が ない な
to ha ie waki dasu aichaku kore mo mendou
と は 言え 湧き 出す 愛着   これ も 面倒
nasake ni yudane te ha ikara nu kien
情 に 委ね て は 良から ぬ 機縁
same ta me mo iwa ba joudan
冷め た 目 も 謂わ ば 冗談
machigae ta totan
間違え た 途端
tachi ichi bakari ga ki ni nari dasu
立ち 位置 ばかり が 気 に なり だす
furatto shitsu no shiwa wo
フラット シーツ の 皺 を
tadashi te ha mata midashi te shimau you ni
正し て は また 乱し て しまう よう に
aa gyou ninai douri wo beta narenohate
あぁ 業 担い 道理 を 焚 べた 成れの果て
shuchuu ni nai mon ha nai nante ie nu yokubou
手中 に 無い もん は 無い なんて 言え ぬ 欲望
hoshii kara hoshii
欲しい から 欲しい !
uwaki na douchou karugaru jiai ni matagatu te
浮気 な 同調   軽々 慈愛 に 跨っ て
misekake hodo shabere ba shuchou mo aimai de
見せかけ ほど 喋れ ば 主張 も 曖昧 で
totu kae hitu kae
取っ 替え 引っ 替え
me wo tsun de tsuba wo nutu te sarashi atu te
芽 を 摘ん で 唾 を 塗っ て 晒し 合っ て
shoumi kigen ha aki ga kuru made
賞味 期限 は 飽き が 来る まで
jihi mo chi mo namida mo nai
慈悲 も 血 も 涙 も 無い
te ni haire ta totan
手 に 入れ た 途端
tsugi no temaneki ni ki ga chiri dasu
次 の 手招き に 気 が 散り だす
hoshi gari na no ha kimi no kata sa itsumo
欲し がり な の は 君 の 方 さ いつも
me wo awasu you de shiya ha tohi
目 を 合わす よう で 視野 は 遠い
aa kyouji tai gouri no tate mo nagesute te
あぁ 興じ たい   合理 の 盾 も 投げ捨て て
kokyuu mitai ni yousha nai tei shire nu yokubou
呼吸 みたい に 容赦 無い   底 知れ ぬ 欲望
hito no bun made hoshii
人 の 分 まで 欲しい !
aa gyou ninai douri wo beta narenohate
あぁ 業 担い 道理 を 焚 べた 成れの果て
shuchuu ni nai mon ha nai nante ie nu yokubou
手中 に 無い もん は 無い なんて 言え ぬ 欲望
hoshii kara hoshii
欲しい から 欲しい !

lyricsnana
Posted on:
Post author

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です